トップメッセージ
 

1983年 入社 1999年 九州事業本部 2005年 代表取締役 就任

「技術力」だけでなく、総合的な「人間力」を発揮できる組織に。

1978年の創業以来、私たち富士設計は、 高い技術力を背景に社会への貢献をめざしてきました。 社員一人ひとりのスキルをベースに、 質の高い仕事を追求していく姿勢は、これからも変わりません。 しかし、複雑化・多様化する世の中のニーズに対応するためには、 技術力にすぐれているだけでは不十分です。 技術力が活きてくるのも、 課題を的確に把握して解決するマネジメント力と、 さまざまなルートや手段を通じて 相手と交渉できるコミュニケーション力があってこそ。 私たちは、「技術力」、「マネジメント力」、 「コミュニケーション力」の3つのパワーを礎に、 全社員が一丸となって力を発揮できる組織づくりを心がけ、 お客様の信頼獲得と満足度の向上に務めます。


時代の変化は、新たな道を切り開くチャンス。

また、単純にものをつくるだけではなく、 既存のものをいかに大切に使うかといったことが求められる時代。 当社では、そうした社会のニーズを踏まえ、橋梁や道路の 老朽化に伴う修繕工事など、補修やアフターメンテナンスに、 長年に渡って培ってきた、橋梁・道路設計のエキスパートとしての ノウハウを活かしていこうと計画しています。 さらに、近年は、道州制導入の議論に代表されるように、 地方行政の活性化の必要性が叫ばれています。 私たちはそのような時代の到来を新たなチャンスとしてとらえ、 地域振興にも積極的に寄与していきたいと考えています。

経営理念 常に高い志と使命感を持ち、技術によって社会に貢献する。